重要な役割を担うサービス提供責任者について

 成長産業である介護業界にとって、重要な職業の一つになっているのがサービス提供責任者です。ケアマネジャーや介護職員の連絡調整をするだけではなく、ホームヘルパーなどの教育や仕事の指示なども行う責任のある仕事です。サービス提供責任者として仕事をする為には、介護福祉士や介護職員実務者研修修了といった資格や経験を養う必要があります。そのため、誰でも担える仕事ではなく、極めて優秀な人材のみがサービス提供責任者として働けるようになるのです。

 介護サービスの責任者の仕事は、訪問介護の現場で何か問題が発生した時には、責任を負ったり、ヘルパーのサポートをしなければなりません。苦労は大きいことが予想されますが、しかしその反面、介護現場において重要なポジションで仕事ができるサービス提供責任者は、やりがいを感じやすく、相応の給料や充実した福利厚生で働けるケースが多いのも事実です。

 サービス提供責任者に求められる能力は、介護スキルや専門知識の他に、コミュニケーション能力が挙げられます。ケアマネジャーや介護職員などの定期的な話し合いに参加をし、信頼関係を構築したり、介護プランについて自分の見解を述べなければなりません。そして、強固な信頼関係をスタッフと築き、質の高い介護プランを実行して、介護を求めている方に適切なサービスを提供できるように尽力しなければならないのです。

 そのため、サービス提供責任者の多くは、正社員という雇用形態で募集がされている事が非常に多いようです。これは、それだけ責任のある仕事を任されるからこその特権でしょう。介護業界でキャリアを磨き、管理職やスペシャリストとしての地位を目指したい方は、このポジションに注目してみるといいかもしれません。