ケア業界のキャリアパスについて

 資格を持っていない人も転職や再就職がしやすいのが介護業界です。しかし、知識やスキルを付けて、より良いサービスを提供できるようになってもらう為に、最近は研修の受講や資格取得を奨励している施設も増えています。中でも、キャリアアップの方法としても着目されているのが、介護職員初任者研修を修了する方法です。介護職員として働くための基礎が学べるので、この資格を取得しておくと、現場では安心して働くことが出来るでしょう。

 しかし、さらにキャリアアップを考えている人も少なくないはずです。そんな方には、介護職員初任者研修や介護福祉士の資格取得をオススメします。これらの資格を持っていると、サービス提供責任者という仕事に就くことが出来ます。そのため、管理職を目指す場合は、訪問介護ステーションでサービス提供責任者になることを目指すのが典型的な例となっています。

 訪問介護ステーションでは、必ずサービス提供責任者を置かなければならないので、介護系の施設では、常勤としての採用を積極的に行っています。ですから、サービス提供責任者になると、資格手当を得られたり、正社員で働くことが出来たりするので、年収を上げる方法としても魅力があります。また、もともと訪問介護ステーションで働いてきた人の場合には、サービス提供責任者に抜擢されて昇給を受けられる場合もあります。もちろん、そうでない人の場合にも、転職によってサービス提供責任者になることで年収を上げるのに成功している例がよく見られているようです。

 新しく訪問介護ステーションを設置するためにはサービス提供責任者の獲得が必要であり、転職の際には有利になるでしょう。訪問介護に興味のある方は、介護職のキャリアパスとして、サービス提供責任者に必要な資格を取り、役職を目指してみてはいかがでしょうか?